古代から利用されている!

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > 古代から利用されている!

研究者たちの間で最も注目されているのが、「若返り効果」!

最近よく耳にするようになった「プラセンタ」ですが、実はその歴史は大変古く、紀元前から薬として利用されていたのだそうです。

たとえば、古代ギリシャでは西洋医学の父と呼ばれるヒポクラテスが、プラセンタを治療に利用していたと伝えられています。

中国では、秦の始皇帝が不老不死の妙薬の一つとして、プラセンタを使っていたといわれています。

また唐や明の時代にも、プラセンタは肉体的かつ精神的な疲れや衰えに対して効用のある滋養強壮の漢方薬として紹介され、世紀の美女である楊貴妃も服用していたとか。

ちなみにクレオパトラやマリー・アントワネットも、「若返りの薬」としてプラセンタを愛用していたそうです。

日本では、江戸時代に加賀藩が大切にしていた秘薬の中に、プラセンタが含まれていたことがわかっています。

このように、プラセンタは遥か昔から美容や健康に効果的であると認識されており、広く人々に愛されてきました。

現代のプラセンタ療法は、ロシアのフィラートフ博士が、冷凍保存したプラセンタ組織などを皮下に入れる「組織療法」を考案したことがきっかけでした。

そして、治療のためにプラセンタの有効成分を効率よく取り出す技術が飛躍的に発達し、それが日本にも伝わって、研究者たちの間でプラセンタに関する研究が進んできたのです。

プラセンタには多くの効果が期待できますが、最も注目されているのが若返り効果です。

そのため、今ではプラセンタを含む化粧品やサプリメントが多く登場しています。

次ページ: 含まれている栄養素

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。