プラセンタとは

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > プラセンタとは

最近話題のプラセンタって、一体どんなものなの?

プラセンタとは「胎盤」という意味で、胎児を包む羊膜と子宮が接する場所に位置する円盤状の臓器のことです。

胎盤は、母親から供給される栄養分を胎児に運び、そして胎児の排泄物を母親の体に渡すという役割を果たしています。

母親の胎内にいる受精卵が生命を維持し、わずか10ヶ月で約3kgの赤ちゃんに成長できるのは、このような胎盤の働きによるところが大きく、胎盤にはそれだけ豊富な栄養分が含まれているということがよくわかりますね。

胎盤は妊娠すると臨時的に作られ、出産時に体外へ排出されますが、哺乳類の中で出産後に胎盤を捨ててしまうのは人間だけです。

人間以外の哺乳類は、出産後に母親が体力を回復させ、母乳の分泌を促進させるために胎盤を食べます。

それは、胎盤に豊富な栄養素(タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル・酵素・核酸など)が非常に多く含まれていることを、動物は本能的に知っているからです。

そこで近年、今まで人間が使い捨てをしてきた胎盤のすばらしい栄養分が注目されるようになり、プラセンタの優れた美肌・美白効果や、疲労回復・老化防止などの高いアンチエイジング効果が評価されるようになりました。

ちなみに、健康食品や化粧品において「プラセンタ」と呼ばれているものは、実は胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進するグロースファクタという成長因子やその他の栄養素を抽出したエキスのことです。

このプラセンタエキスは、美容と健康を目的とした注射薬・ドリンク・健康食品・化粧品に利用されています。

次ページ: 古代から利用されている!

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。