ウシ

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > プラセンタの種類 > ウシ

以前は、プラセンタといえばウシの胎盤が主流でしたが‥。

2001年に厚生労働省がウシの胎盤使用を禁止する以前は、プラセンタといえばウシの胎盤が主流であり、ウシプラセンタは化粧品に利用されていました。

ちなみに、当時ウシプラセンタに使用されていたのは、食肉用牛の胎盤でした。

当時ウシプラセンタが一般的に使用されていたのは、草食系哺乳動物も出産直後に胎盤を食べ、出産で消耗した体力を回復して乳汁分泌を促進させているということから、原料である胎盤の大きい牛が注目されたからです。

その結果、プラセンタを多く抽出することができ、プラセンタ配合化粧品などではウシプランタが主流となっていきました。

ウシの胎盤が使用禁止になった背景に、狂牛病(BSE)の流行があります。

狂牛病は、異常化した細胞タンパク質(プリオン)が神経細胞に変調を及ぼす病気で、人間が狂牛病に感染した牛の脳などを食べると感染してしまう危険性があります。

ただし、これまでにウシプラセンタによって狂牛病に感染した事例はないということです。

現在は、狂牛病の危険性からウシプラセンタの製造や輸入は禁止されていますし、医薬品として使用を許可されているプラセンタは、ヒト由来のものしかありませんので、安心してください。

ウシプラセンタの使用が禁止されると、今度はブタが注目されるようになり、ブタプラセンタの研究が進められました。

そして、ウシプラセンタよりもブタプラセンタの方が、有効成分が多く含まれていることがわかったため、その後はブタプラセンタがポピュラーな存在になっていきました。

次ページ: ブタ

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。