ブタ

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > プラセンタの種類 > ブタ

SPF豚から抽出されるプラセンタで、ワンランクアップの美肌を!

現在、国産の化粧品や健康食品などにおいて主流となっているのは、ブタ由来のプラセンタです。

もちろん医薬品にも多く使用されており、今ではプラセンタといえばほとんどブタ由来のものだと思ってよいでしょう。

ブタは人間の体と相性がよい動物であることはよく知られていますし、ウシのように狂牛病の危険性はありませんので、安心して使用することができます。

また、ヒトの場合、胎盤から有効成分を抽出する過程でほとんどなくなってしまうのが難点ですが、ブタの場合にはそのような問題がなく、結果的にブタ由来のプラセンタの方がヒト由来のプラセンタよりも有効成分が多くなっています。

そのようなことからも、ブタ由来のプラセンタが市場に多く出回っているのです。

ブタプラセンタにおいて特に注目されているのが、「SPF豚」です。

SPF(Specific Pathogen Free)豚は、日本SPF豚協会が指定した悪性の病原体を持たないよう、徹底した衛生管理の環境で育てられた豚のことです。

一般的に豚は一ヶ所で集団飼育されるため、感染症にかかりやすく、それを防ぐために大量のワクチンや抗生物質を投与されています。

しかし、そのワクチンや抗生物質によって、胎盤に含まれる大切な有効成分までも破壊されてしまうのです。

一方、SPF豚は、そのような感染症にかからないように厳重な管理の下で育成されているために雑菌処理が通常よりも少なくて済み、一般的なブタ由来のプラセンタに比べてその効果は約3倍といわれています。

次ページ: ヒツジ

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。