ヒツジ

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > プラセンタの種類 > ヒツジ

人間の胎盤とよく似ているというヒツジの胎盤、ヒツジプラセンタの効果は?

ヒツジは、ブタやウシなど他の動物に比べると病気になりにくく、ガンやエイズにもかからないということから、プラセンタとして利用するのに大変ふさわしい動物だとされています。

また、ヒツジの胎盤は人間の胎盤にとても似ていて、特にアミノ酸組成がとても近いという特徴があります。

そのため、免疫反応が生じる可能性が極めて少ないことから、高い効果が期待できるとして注目されています。

ヒツジプラセンタは肌への浸透率がとても高いため、特に目周りの小じわ・ほうれい線・シミ・シワ・たるみなどの改善により効果を発揮します。

ヒツジ由来のプラセンタの品質を左右する上で重要なポイントになるのは、原料となるヒツジの種類ではなく、その育った環境です。

ニュージーランドをはじめオーストラリア、スイスなどの美しい広大な自然に囲まれて育ったヒツジは、水や空気がきれいな広い土地でストレスを受けることが少ないため、それだけ胎盤の状態もよいといえます。

中でもニュージーランド産のものが人気ですが、プラセンタに使われる羊は特別に医用動物として育てられており、抗生物質や化学物質などを一切与えず、エサも厳選しているなど厳しい監理基準の下で飼育されているので、安全性においても大変優れています。

ただし、そのようなヒツジプラセンタは、貴重であるだけに高級品です。医療機関で利用する際にも保険が効かない可能性が高いので、事前によく調べてからにしましょう。

次ページ: ウマ

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。