ウマ

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > プラセンタの種類 > ウマ

ブタよりも安全性の高いウマですが、年に1度1頭しか出産しないため‥。

「プラセンタ=ブタプラセンタ」と思われるほど、ブタプラセンタはポピュラーな存在ですが、最近はウマ由来のプラセンタの方が優れていると注目されています。

その理由は、馬と豚の出産頭数の違いにあります。

馬の出産頭数は1回の出産につき1頭ですが、豚は1度に約10頭を出産します。

つまり、豚の胎盤はそれだけ薄い状態になってしまいますが、一方、馬の胎盤は人間と同じ状態で厚く、有効成分も濃いということがいえます。

また、ウマ由来のプラセンタに使用されている胎盤は、サラブレッドのものがほとんどです。

ご存知のようにサラブレッドは優れた血統をもつ馬であり、あらゆる品質を徹底的に管理して飼育されています。

もともと馬は豚に比べて感染症などの病気にかかりにくい動物ですから、安全性においても豚より優れているわけです。

このように、ウマプラセンタは高品質で安全性が高く、ほかのプラセンタよりも有効成分が優れているといわれています。

しかし、残念なことに馬は年に1度1頭しか出産しないため、プラセンタの生産量が非常に少なく、希少価値が高いだけに値段も大変高価であるのが現状です。

ちなみにウマプラセンタには、ブタプラセンタと比較して約250倍のアミノ酸と、ブタプラセンタには含まれていない6種の必須アミノ酸が含まれています。

ほかにも、活性ペプチド・ムコ多糖類・核酸などが豊富に含まれているため、疲労緩和・関節の軟骨再生・遺伝子修復の促進に効果的です。

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。