注射

TOPページ > プラセンタの摂取方法 > 注射

プラセンタ療法の中で、最も効果が期待できる 「プラセンタ注射」!

プラセンタ注射は、プラセンタ療法の中では一般的な方法であり、錠剤や美容液と違って直接皮膚下に注入することから吸収率が高く、最も効果が期待できるといわれています。

専門病院やクリニックで使用されるプラセンタ注射には、婦人科系治療で扱う「メルスモン」と肝臓病治療で扱う「ラエンネック」があり、どちらもヒト由来のプラセンタが認可されて使用されています。

注射には、比較的痛みを伴いますが効果が続く「筋肉注射」と、あまり痛みを感じない「皮下注射」があります。

ほかにも、肩こりなどがひどい場合には、その部分に直接注射する「ツボ注射」があり、これは即効性が期待できるようです。

プラセンタ注射の美容効果は、皮膚のメラニン排出が促進されコラーゲンが活発に再生されることからハリが生まれ、また、目の下の場合には、プラセンタがクマの原因である血行不良や色素沈着を改善しますので、目立たなくなる効果が期待できるでしょう。

ちなみに、美容目的で使用される場合には保険がきかないため、料金はかなり高額となります。

プラセンタ注射の効果については、ほとんどの場合2、3回打った後に実感し始めることが多いようです。

その持続効果は、1回につき約2~3日といわれ、最初の1~2ヶ月は週1回、その後は1~2週ごとに1回打つのが望ましいとされています。

しかし、経済的理由などから継続して注射を受けることができない方は、プラセンタの効果を持続させるためにも、プラセンタのドリンクやサプリメントを併用することをお勧めします。

次ページ: イオン導入

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。