イオン導入

TOPページ > プラセンタの摂取方法 > イオン導入

プラセンタをイオン化させて、より多くの有効成分を肌に浸透させましょう。

美肌効果やアンチエイジング効果を目的として行われるプラセンタ療法として、イオン導入法がよく知られており、主にエステサロンで受けることができます。

これは、イオン導入器を使用してプラセンタ原液中の成分に弱い電流を流し、分解してイオン化させる方法です。

プラセンタをイオン化させることによって、より多くの有効成分が肌のバリア機能を通り抜けることできるようになるため、栄養分を肌の奥深くまでたっぷり浸透させることが出来ます。

また、イオン導入を行う前に、超音波振動によって肌の老化角質や固まった皮脂汚れをしっかり除去しておくと、その後プラセンタの有効成分がより浸透しやすくなり、効果がアップします。

イオン導入をした後は、プラセンタをたっぷり含んだマスクを肌に当ててしっかりと鎮静・保湿をして、その後マッサージを行うエステサロンが多いようです。

このイオン導入法には、皮脂の過剰分泌を抑える効果があるため、特にニキビの改善をしたい方にはお進めです。

ただし、この方法はより多くの成分を肌の奥まで浸透させるわけですから、プラセンタに防腐剤などの薬剤が含まれていた場合、不要な成分まで体内に取り込んでしまう可能性があります。

そのような危険性を避けるためにも、使用するプラセンタの品質をしっかり見極めておきましょう。

次ページ: サプリメント

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。