点滴

TOPページ > プラセンタの摂取方法 > 点滴

時間をかけて注入することで、有効成分が細胞の隅々までいきわたる!

プラセンタの摂取方法にはサプリメントや注射などがありますが、体内に直接プラセンタを注入する治療としては、注射だけでなくプラセンタを点滴する方法があります。

プラセンタ注射と比べると、プラセンタ点滴は痛みが少ない上に、注射よりも大量のプラセンタ成分を摂取することができ、また、プラセンタエキスを直接血液に投入しますので、それだけプラセンタ注射よりも即効性が高いといわれています。

ただし、プラセンタ点滴は、プラセンタ注射よりも時間(30分~1時間)がかかります。

しかし、そのように時間をかけてプラセンタを少しずつ体内に注入することにより、有効成分が細胞の隅々までいきわたることができ、プラセンタの効果が体感しやすいといえるでしょう。

プラセンタ点滴の場合、プラセンタエキスだけでなく美容と健康に効果のあるビタミン類が配合されています。

そのため、プラセンタによる美容効果をはじめ、肩こり・腰痛・疲労回復・更年期障害などの改善にも効果があります。

プラセンタ点滴の料金は一般的にプラセンタ注射に比べると高いといわれていますが、値段はプラセンタ点滴に含まれる成分の種類や、プラセンタエキスの含有率やその種類によって変わってきます。

プラセンタ点滴は、病院やクリニックによって配合成分にそれぞれ特徴がありますので、自分の目的に合ったものを受けるためにも、点滴の種類などについて事前に確認しましょう。

次ページ: 化粧品

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。