抽出方法

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > 抽出方法

効果の高いプラセンタを選ぶために、その抽出方法も知っておきましょう。

プラセンタとは、胎盤そのものではなく、胎盤から抽出した有効成分であるエキスのことです。

そして、その有効成分は抽出方法によって変わりますので、おのずとその効果にも差が出てきます。

同じプラセンタでも効果の高いものを選ぶためには、各抽出方法の特徴を知っておいた方がよいでしょう。

プラセンタの主な抽出方法には、次のものがあります。

凍結融解法

急速凍結と急速解凍によるショックで細胞膜を破壊し、細胞内の成分を抽出する方法。
ただし、この方法は有効成分の抽出率が低いため、現在ではほとんど使われていません。

加水分解法

塩酸などによって細胞膜を溶解し、細胞内の成分を抽出する方法。
ただし、この方法は、有効成分まで分解してしまう可能性が高いです。

酵素分解法

酵素によって胎盤の細胞壁を融解し、細胞内の成分を抽出する方法。
ただし、この方法は有効成分の抽出率が大変高いものの、その後高温処理をするために有効成分が大幅に失われてしまいます。

凍結酵素抽出法

凍結融解法と酵素分解法のメリットを合わせた方法。
ただし、コストが高くなるため、抽出された商品の価格が高いです。

分子分画法

取り出したい有効成分のみを通過させることのできる特殊なフィルターを使い、その有効成分を取り出す方法。
精度を高くすることにより、有効成分の機能を残したまま抽出することができるため、抽出方法としては大変優れていますが、商品の価格は高いです。

次ページ: 抽出元による特徴

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。