効果・効用、働き

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > 効果・効用、働き

成長因子を含むプラセンタは、生命力をアップさせる存在!

プラセンタは古くから美容と健康に効果があるとされ、多くの人々に利用されてきましたが、近年ますます研究が進み、プラセンタの効果や機能が科学的に実証されるようになりました。

プラセンタには、人間の体に必要な栄養成分だけではなく、細胞分裂をコントロールする成分=「成長因子」(グロース・ファクター)が含まれていることがわかっています。

胎児が子宮内で短期間に大きく成長できるのは、胎盤に含まれているこの成長因子の働きによるもので、胎盤から抽出したプラセンタエキスにもそれが豊富に含まれています。

プラセンタの成長因子は、細胞分裂を必要とする細胞の表面にある受容体から細胞に入り、細胞分裂が適切に行われるための必要な情報を伝えます。

細胞は、その情報を受け取ると分裂しはじめ、新しい細胞を作り出します。

プラセンタは、体内にある細胞に対し、古い細胞や傷を受けた細胞が分裂して新しい細胞を作り出すのを助ける働きをすることから、生命力をアップさせる存在として注目されています。

プラセンタが新しい細胞を作り出すことにより、新陳代謝・血流・情報伝達物質・ホルモンバランスなどが総合的に改善され、その結果、肌がきれいになったり体調がよくなるという効果が生まれます。

ちなみに、プラセンタは癌化した細胞は増殖させないという研究結果もあるようで、そういう面でも、細胞レベルで健康を保つためにはプラセンタは欠かせない成分だといえるでしょう。

次ページ: 日本胎盤臨床研究会