健康

TOPページ > プラセンタの効果 > 健康

プラセンタは、多くの病気に対して症状改善効果が認められています。

プラセンタは古くから医学療法として取り入れられ、その高い効果が注目されてきました。

現代医療の現場で使われているプラセンタは最も効果が高いとされているヒトプラセンタで、主に更年期障害・肝炎・肝硬変などの慢性肝疾患に対する薬として使用されています。

プラセンタには、自律神経のバランスを整える自律神経調整作用や、ホルモンバランスを整える内分泌調整作用などがありますので、重い更年期障害の治療に役立てられます。

また、プラセンタは基礎代謝の向上や疲労回復にも効果を発揮するため、更年期障害の様々な症状の改善も期待できます。

肝臓は、活性酸素が過剰に生成されやすい器官なので、酸化による障害や炎症が起きることがありますが、抗酸化活性成分を含むプラセンタを投与することにより、活性酸素が除去され、肝機能が回復するといわれています。

また、プラセンタには、幹細胞の生成を促す肝細胞増殖因子があることから、肝細胞の破壊を予防し、破壊されてしまった細胞を修復する働きもあります。

そのため、肝硬変に効く唯一の医薬品として、厚生労働省に認可されています。

プラセンタには、細胞の酸化を妨げ、自律神経やホルモンバランスを整え、細胞や臓器の新陳代謝を活性化させ、免疫力を強化し、造血を促して血行促進するといった、様々な作用があります。

その結果、頭痛・肩こり・アトピー性皮膚炎・便秘・うつ病・自律神経失調症などの多くの病気に対して症状改善効果が認められています。

次ページ: 美白

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。