プラセンタ原液の特徴

TOPページ > 安全性と副作用 > プラセンタ原液の特徴

プラセンタ原液を直接使用することで、美肌効果アップ!

一般的にプラセンタの原液には独特の匂いがありますが、使用しているうちに慣れていく程度であり、それほどきついものではありません。

注射液やサプリメント、化粧品は、プラセンタの原液を加工して作られます。

実はプラセンタ原液には濃度に関する規定がないため、たとえ「プラセンタ100%」と表示されていても本当に100%かどうかは正確にはわかりませんし、原液だからといって成分が濃いとは限りませんので、注意しましょう。

美白や美肌に効果的であるプラセンタは、それを含む化粧水などを使用するよりも原液を使用する方が、成分が皮膚の真皮まで深く浸透します。

その結果、細胞の新陳代謝を活発になり、よりしっとりとした美肌が生まれるのです。

また、より効果的な方法として、プラセンタ原液にイオン導入する方法があります。

これは、イオン導入器を使用してプラセンタ原液中の成分に弱い電流を流し、イオン化させる方法で、それによって有効成分が肌のバリア機能を通り抜けることできるようになり、多くの栄養分が肌の奥深くまでたっぷり浸透していくというものです。

イオン導入法には、皮脂の過剰分泌を抑える効果があるため、特にニキビの改善をしたい方にはオススメです。

ほかにも、原液を注射する方法がありますが、これも血液や筋肉などの吸収されやすい場所に直接投入するため、効果が高いとされています。

次ページ: 原液を使う場合の注意点

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。