原液を使う場合の注意点

TOPページ > 安全性と副作用 > 原液を使う場合の注意点

純度の高いプラセンタ原液で、安全に美肌を手に入れましょう。

プラセンタの原液には濃度に関する規定がないため、製品を選ぶ時には、有効成分の純度や浸透性を基準に選ぶことがポイントです。

プラセンタの原液は、商品によって成分の質が全く異なります。

一般的に、純度が高くて質のよいプラセンタ原液は、100mlあたり約2万円という高価なものになります。

また、そういう商品は防腐剤などの保存料を使用していないため、開封後は冷蔵庫など低温で直射日光を避けた場所に保管し、3か月以内に使い切る必要があります。

また、プラセンタ原液をイオン導入する方法ですが、これは、体の保護を目的とする肌のバリア機能を人工的に通り抜けさせるという方法ですから、原液に保存料や防腐剤などの添加物が含まれていた場合、それらも一緒に体内に取り込んでしまう危険性があります。

もしそのようなことになると、本来体に必要のない成分まで肌の奥まで浸透してしまうわけですから、美容と健康に悪い影響を与えかねません。

最近では自宅で手軽にプラセンタ原液をイオン導入することができる装置があるようですが、その際には純度の高いプラセンタ原液を使用するようにしましょう。

ほかにも、微弱とはいえイオン導入は肌に直接電流を流すわけですから、心臓のペースメーカーを使用している方や妊婦の方は、イオン導入を受けられませんので注意してください。

いずれにしても、まずは安全性の高い高濃度なプラセンタ原液を使用している専門機関で相談してみるとよいでしょう。

次ページ: 安全性をチェック

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。