プラセンタの副作用

TOPページ > 安全性と副作用 > プラセンタの副作用

安全性の高いプラセンタとはいえ、副作用が気になる‥。

プラセンタは安全性の高い成分で、プラセンタを使用した製品はタンパク質製剤として国の認可が下りているほどですから、基本的にほとんど副作用はありません。

しかし、プラセンタに限らずどんな薬にも、多かれ少なかれ何かしらの副作用はあるものです。

また、副作用には個人差があり、その日の体調などによっても左右されるものなので、副作用が一切ないと言い切ることはできません。

プラセンタの場合は、使用に際して注意してほしいことがあります。

アレルギー体質の方や体力が極端に低下している方がプラセンタを使用した場合、異種タンパク質による一過性の拒絶反応(肌のかゆみや発疹)を起こすことがあります。

このような症状が現れた場合には、プラセンタの使用をやめて専門医に相談したり、使用量を減らすなどの対応をしてください。

また、初めて使用する時に一過性の初期反応が起こることもあります。

これは、女性の場合には生理が予定よりも早く来たり、出血量が多くなるなどの症状として現れます。

また、便が柔らかくこともありますが、これらの症状はプラセンタを使い始めた初期段階で起こる一過性のものなので、それほど心配することはありません。

その後も使用を続けていれば、ほとんどの場合だんだん元の状態に戻っていくことでしょう。

ちなみに、プラセンタを使用していてだるくなったり、成人性アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎が起こる場合もあるようですが、これはプラセンタが引き起こした症状なのかどうかはまだはっきりと判っていないそうです。

いずれにしても、その