植物性

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > プラセンタの種類 > 植物性

「植物性プラセンタ」 と 「プラセンタ」 は、どう違うの?

動物とは違い、胎盤をもたない植物からプラセンタを抽出することは不可能です。

しかし、植物の種に含まれる胎座などから抽出したものを「植物性プラセンタ」と呼ぶ場合があります。

この植物性プラセンタは、以前プラセンタの原料であった牛が狂牛病問題で使用できなくなり、すべての動物性プラセンタに対して安全面で不安な声があがった時に、代用品として出回るようになったものです。

植物性プラセンタは、大豆由来のイソフラボンや植物エキスなどを混ぜた成分で、アミノ酸・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれているため、美肌などの美容効果は期待できるでしょう。

植物性なので肌への刺激も低く、敏感肌の方には適しているかもしれません。

ただし、植物性プラセンタは胎盤から抽出していないわけですから、細胞を増殖させる成長因子は含まれていません。

そのため、植物性プラセンタにはアンチエイジング効果はほとんど期待できないとされており、その点には注意が必要です。

このように「植物性プラセンタ」と「プラセンタ」は、そもそも別物であるという認識をしておかなくてはなりません。

「プラセンタ」という名前がついていればどれも同じだと勘違いしてしまうと、思ったような効果が得られないだけでなく、間違った広告にだまされてしまう危険性もありますので、利用する前にはよくチェックしましょう。

次ページ: 魚類

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。