魚類

TOPページ > プラセンタの基礎知識 > プラセンタの種類 > 魚類

胎盤のない魚類から、プラセンタ成分を抽出することは出来る?

プラセンタは胎盤という意味ですから、哺乳類ではない魚類からプラセンタを抽出することは出来ません。

しかし、中には鮭から作られたプラセンタがあります。

卵を産んで繁殖する鮭にはもちろん胎盤はありませんが、その代わりに卵を育てる卵巣膜があります。

この膜にはプラセンタと同様に豊富な栄養成分が多く含まれていることから、これを利用した「マリンプラセンタR」というものがあります。(マリンプラセンタは、株式会社日本バリアフリーの登録商標です。)

ここで注意したいのは、卵巣膜にプラセンタと同様の栄養素が含まれるとして利用できる魚は、鮭のみであるということです。

また、魚アレルギーの人はアレルギー反応が起こるかもしれませんので、使用には十分気をつけてください。

鮭の卵巣膜には、ホルモンバランスを調節する18種類のアミノ酸・コラーゲン・コンドロイチン硫酸・ヒアルロン酸が含まれています。

鮭の卵巣膜に含まれている核酸には、新陳代謝を活発化させ老化防止や細胞の損傷修復の働きがあり、またエラスチンはコラーゲン物質なので、皮膚の弾力性を保つ役割があります。

このように、マリンプラセンタRには美肌を保つための美容効果を期待することができます。

ただし、胎盤から抽出したものではありませんから、プラセンタの重要成分である成長因子が含まれていません。

このことから、マリンプラセンタRはプラセンタとは別物であり、植物性プラセンタと同様にアンチエイジング効果はあまり期待できないといえるでしょう。

次ページ: ヒト

Copyright © Since 2008  プラセンタ@NAVI  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。